Loading...
   
アート

【芸術の秋ですので】ほんのりどころじゃなく怖すぎな彫刻

繊細な方は閲注意でね。立体的に来られると怖さは倍増。そして等身大だと尚更怖い! 彫刻はそこに存在するからこそ、怖さが深いのよね。

ごきげんいかが? すっかり秋ですので芸術に関する記事にしてみたわ。夜中には決して見に行きたくない彫刻が登場します。彫刻って……ノーマルでも怖さを感じるのに、恐ろしげな題材で作られちゃうと、とっても怖がりなアタシとしては。ちょっと直視できないレベルで怖いのよ。

今回は、画像なので怖さ度数は低めになっているであろうと予想されるけれど、画像でこんなにどんよりしているんですもの。実物の持つオーラってば過ごそうよねぇ。

ヨーロッパなどの古いお墓では、墓石が彫刻になっていたりしますが、天使が亡くなった方を抱き締めていたり、天へ召されるシーンを再現していたりして感動的…………なはずなんだけど、その美しい彫刻が雨などで泣いているように見えたり、苔とか生えて恐ろしげトッピングされたりしちゃうので、やっぱり怖い! 彫刻が多い墓地の肝試しは、日本とは違う怖さに溢れていそうよね。アタシは不参加でお願いします。

あれこれ言っても、彫刻って素晴らしく美しい。美しすぎるからこそ、こんなにも重たい恐怖を感じるのかもしれないわ。ってことで、どきどきしながらゴーゴー!




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖すぎでしょ? 自分で切り込み入れてる方とか、もーーーーーーっ!

ってことで、いつも応援ありがとう。またね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。