Loading...
   
ビークル(車・バイク)

【働く車はかっこいい】魅惑の“重ダンプトラック”の世界♥

大事なお知らせだけど、働く車ってかっこいいわよね! 工業系機械もすてきだけどね!

ごきげんいかが? 今回も、個人的な好みが爆発しているわ。なにせ主役は“重ダンプトラック”なんですもの。うふふふふふふふふ。

重ダンプトラックは、鉱山などで活躍している巨大なトラック。一般道路を走ることは少なく、主に鉱山の敷地内で、何百トンもの鉱石を運ぶお仕事をしているの。タイヤの大きさが大人の男性サイズの大きなダンプトラック(何故かほとんど黄色)を見たことある人も多いんじゃないかしら。

働く車のかっこよさって、シンプルな目的の為に進化したその姿なのよね。その姿はまるで、早く走る為だけに進化したチーターや、土中での生活に適応して不思議な姿になったミミズとかが持つ、「特化しすぎちゃったからそのジャンルでは負けないけど、平均点は低めっていう不器用さ」を感じるの。

チーターはスピードでは負けないけれど、争いになると勝てるほどの武器は持っていないから、獲物を奪われることが多いし、ミミズは土中では過ごしやすいだろうけれど、雨が降ったら溺れちゃうほどの弱さも抱えている。重ダンプトラックもとにかく大きく、もっと大きく! と進化していって、ずんぐりむっくりでかわいいルックスになったけれど、鉱山などの限られた場所でしか活躍できないのよ。だってちょっと不便よねぇ……このサイズでジャスコの駐車場に停めるのは難しいじゃない? ドライビングテクニックがかなり必要だから、気軽に乗れる車でもないしねぇ(ファミリーカーには向いてないよね)。

うん、ここまで書いて、相変わらずアタシってバカな子ねぇって反省したわ。とにかく、重ダンプトラックはかっこいいのよー! 今回は日本が誇る重ダンプトラックメーカー、小松製作所の重ダンプトラックも登場しますのよ。じっくりと楽しんでねーん。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

via. widelec.org

 

アタシね、働く車の頑張ってるその姿をいじらしく感じるのよ。この切ない感情って、ずっと1人で宇宙をさまよいながら地球へ観測データを送り続け、この前土星の大気圏に突撃したカッシーニに抱く感情に似ているのよねぇ。「がんばってくれてありがとうね(ホロリ)」って気持ちになるわ。なるよね? なる……よね????(うんって言って)

ってことで、お引っ越ししてから、以前にも増して「好き勝手に書いている」リトトリ。嫌いにならないで! おねがい!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。